Event is FINISHED

Wasei Salon「未来のチーム」の作り方を語ろう──サイボウズ式編集長の書籍を先行発売!

Description
同じ価値観で繋がるオンラインサロン「Wasei Salon」。

Wasei Salonメンバーの藤村能光さんと阿部光平さんが作った書籍「未来のチーム」の作り方が6月28日に扶桑社から発売されます。



《働きやすさ》を考える メディアが自ら実践する「未来のチーム」の作り方 | 藤村能光「サイボウズ式」編集長 | Amazon


この本は、サイボウズ式編集長の藤村能光さんが、会社のチームでリーダーになってからチームを作り、新たな価値を生み出すまでの過程や試行錯誤を記した書籍です。

さらに、この書籍は一人で書いたものではありません。同じ価値観を持つWasei Salonの阿部光平さんとチームで完成させました。

今回のイベントでは、「未来のチーム」の作り方をテーマに、書籍の編集者 秋山純一郎さんを招いた3人で、未来のチームのあり方や書籍制作の裏話などをお伝えします。イベント内容は、Wasei SalonのFacebookアカウントなどでライブ配信を予定しています。

当日にイベントにお越しいただいた方には、書籍の先行販売をさせていただきます。さらに、その後の懇親会で「未来のチームの作り方」の編集チーム3人との交流も予定しています。

■タイムスケジュール

19:00 開場
19:30 ライブ放映イベント「Wasei Salonで語る未来のチームの作り方」
20:30 書籍販売と懇親会

■サイボウズ式とは?


2012年にスタートした、サイボウズが運営するオウンドメディア。「新しい価値を生み出すチームのメディア」というタグラインを掲げてチームに関する記事を発信し続け、「チームワークあふれる社会を創る」というサイボウズの価値観の認知やブランドイメージの向上に大きく貢献してきた。Yahoo!など大手ポータルサイトに配信していないにもかかわらず、記事がリリースされるたびにSNSで話題を呼ぶなど、サイトオープン以来、熱狂的なファン層に支持されている。

サイボウズ式 | 新しい価値を生み出すチームのメディア
https://cybozushiki.cybozu.co.jp/

■書籍紹介


「ほぼ日」より、ずっと冒険的なんじゃないか。
チームプレイは、おもしろい。
このおもしろさは、くせになる。

――糸井重里さん、推薦!

●「チームワークの会社」でリーダーになった「チームを引っ張れない人」の奮闘劇

「チームワークあふれる社会を創る」という企業理念を掲げるサイボウズ。その価値観を伝え、同社のブランドイメージ向上に大きく貢献してきたのがオウンドメディア「サイボウズ式」です。

「チームワークの会社」とも呼ばれる同社で編集長(=リーダー)になった藤村能光氏ですが、編集長になる前の彼はどちらかというと「独りよがりな仕事ばかりしていた人」(本人談)だったそう。

そんな藤村氏はサイボウズの理念に触れ、「チームで仕事をする」ことの価値を痛感。リーダーとして数々の失敗も経験しながら「僕はチームを引っ張るのではなく、仲間が自由に働ける『仕組み』を作ろう」と奮い立ちます。

●時間と場所に縛られない「未来の働き方」を実現するチーム

社員が自由に働き方を選べるサイボウズでは、リモートワーク中心で働いたり、複業をしたり、地方に住んだり、働き方もチームに対するコミット度合いも、自然とバラバラになります。

そんな「自由な働き方」を守りつつ、「チームを強化する」にはどうしたらいいか――。藤村氏が出した答えは「オンラインコミュニケーション」を“フル活用”することでした。

「チームの目標をみんなが忘れてしまう」
「会議での発言がかたよってしまう」
「新メンバーがなかなか馴染めない」
「メンバーからアイデアが出てこない」

どのチームでも陥りがちなそんな悩みを、藤村氏は「ツールを使った仕事の仕組み化」で解決していきました。

本書はサイボウズという「未来のチームのあり方」を模索する会社の中で「自由なのにヒットを生むチーム」を作った藤村氏のノウハウを凝縮した本です。メール中心から、Slackなどチーム内情報共有ツールが多彩になる中で起こる「どのように円滑な情報共有をするか?」という課題を解決するヒントが溢れています。

「今後はみなさんの会社でも、さまざまな働き方の変化がおとずれるはずです。そんなとき、僕らが挑戦し続けてきた『未来のチーム』作りの経験が、何かしらの形で参考になれば嬉しいです」(本書より)

「チームワークの面白さ」と「個人が自立することの大切さ」を、ぜひ感じてみてください。

■著者プロフィール


藤村 能光


1982年生まれ、大阪府出身。神戸大学を卒業後、ウェブメディアの編集記者などを務め、サイボウズ株式会社に入社。製品マーケティング担当とともにオウンドメディア「サイボウズ式」の立ち上げにかかわり、2015年から編集長を務める。メディア運営や編集部のチームビルディングに関する講演や勉強会への登壇も多数。複業としてタオルブランド「IKEUCHI ORGANIC」のオウンドメディア運営支援にも携わる。趣味はコミュニティ活動とサウナ。

@saicolobe | Twitter:https://twitter.com/saicolobe
note:https://note.mu/fzm
Scrapbox:https://scrapbox.io/yfujimura/

阿部 光平(編集者 / ライター)

1981年、北海道函館市生まれ。
大学卒業を機に、5大陸を巡る地球一周の旅に出発。帰国後、フリーライターとして旅行誌等で執筆活動を始める。現在は雑誌やウェブ媒体で、旅行、音楽、社会問題など様々なジャンルの取材・記事作成を行っている。東京で子育てをする中で、移住について真剣に考えるようになり、仲間と共に地元・函館のローカルメディア『IN&OUT –ハコダテとヒト-』を立ち上げた。


Twitter:https://twitter.com/Fu_HEY
note:https://note.mu/fuhey
IN&OUT -ハコダテとヒト-:http://inandout-hakodate.com/index.html

担当編集・秋山純一郎

扶桑社SPA!編集部に在籍する雑誌と書籍を同時進行でつくる編集者。担当作に「発達障害グレーゾーン」(姫野桂/発売中)「『未来のチーム』の作り方」(藤村能光/6月28日発売)「転職と副業のかけ算」(moto/今夏発売予定)など。
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#446705 2019-06-24 02:52:52
More updates
Mon Jun 24, 2019
7:30 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
イベント・懇親会参加、書籍付き SOLD OUT ¥2,000
イベント・懇親会参加(会場で書籍購入可能 SOLD OUT ¥500
Venue Address
目黒区3 中目黒1-3-3 アーバンリゾート代官山 6F・7F Japan
Organizer
Wasei Salon
120 Followers